京都TOPへ

天骨庵 慶心

   

 蕎麦屋さんの「みとしろ」さんが移転された跡にオープンされたお店です。行こう行こうと思いながらようやく初訪問となりました。いくつかのラーメンメニューがあったのですが、変わった名前のものばかりなので、何も考えずに店名が付された写真の天骨麺(800円)を注文しました。ところで、「天骨庵」の「天骨」とは、お店のHPによれば、「生まれつき備わった姿や性質。物心ついた時から、変わらない思い。それは、大好きなものを、ずっと突き詰めていきたい、ということ。・・・」だそうです。店名も重いですが、ラーメンもメッチャ重いですね。コテッコテッでドロドロ! 福知山の「とん吉」を思い出しますが、味が濃厚なだけにとん吉よりも重く感じます。若い人やドロ系が好きな人はいいのですが、「重い」と思いながらスープの最後まで飲み干してしまいましたね。「うまい!」。当初はこの「天骨麺」だけでの営業だったようですが、店主さんの研究による他のメニューもありました。「天骨麺」よりは軽いメニューもあるようですので、次回はこれらをいってみたいですね。店内では店主さんお一人で頑張っていらっしゃるので、お冷やをはじめドリンクはすべてセルフサービスです。自分で冷蔵ケースから出すようになっていますが、お客さんは皆さん協力的で、何とも良い雰囲気ですね。庵内は禁煙です。駐車場はありません。

京都市北区大宮東総門口町38−6
090−3679−2006
11:40〜14:00
17:20〜20:30
(売り切れ次第終了)
定休日:日曜日の夜、月曜日、
月1回いずれかの火曜日(ブログ http://info.tenkotsuan-keishin.com/ まで)


(2014年12月)