京都TOPへ  戻る(讃岐うどんの旅)  戻る(うどんのページ)

   竹清(ちくせい)

  

お昼時が少し過ぎてから行ったのですが、お店に到着してみると、はやり行列が・・・。しかも、テーブルが空いているの行列がなかなか進まない。ようやく奥の方まで進んできて「納得!」。お店の大将らしき人が、うどんのダンゴ(ボール)ごとに取り出して、伸ばしては機械でカットし茹でて、それから並んでいるお客さんに注文を聞いて丼に分けて渡す、というシステムでした。つまり茹でたてのうどんを出しているお店と言うことです。しかも、天ぷらは並んでいる間におばちゃんが注文を聞いて、お店に入った所にある「揚場」で揚げて出しています。つまり、天ぷらも「揚げ置き」ではなく「揚げたて」を出しているお店ですです。写真はかけでたったの140円! やや太目のうどんは、茹でたてらしくコシがあり、最高の味と食べ応え。うまい〜! 本当は天ぷらもトッピングしたかったのですが、お腹の調子と相談してやめてしまいました。次回は是非、いってみたいですね。いや、いかなければならないでしょうね! 駐車場はなさそうでしたので、皆さん東側にあるコインパーキングに駐車されていました。

高松市亀岡町2−23
(087)834−7296
11:00〜14:30
定休日:水・土・日曜日(祝日は営業)

(2009年01月)