京都TOPへ

七番館

    

 京都駅にほど近い七条通に面した、ホテルでフレンチの修行をされたシェフのお店です。「ななばんかん」と読むのですね。私はずっと「しちばんかん」と思っていました。七条通は「しちじょうとおり」と読むからです。まあ、京都の人は「しち」より「なな」の方が言いやすいからでしょうか、「七条烏丸」を「ななじょう からすま」と言ったりしますけどね。さて、この日はランチタイムに訪れました。この日のランチは「Aランチ:チキン唐揚げ粉マスタードソース」「Bランチ:サワラのムニエル味噌ソース」「Cランチ:AとBのミックス」で、いずれも700円でしたが、Aランチを注文しました。さすがに本格オーナーシェフのお店とあり、いいお味ですね。サラダ又はみそ汁、ご飯又はパンの選択ができるのもうれしいですね。その他にも多数のメニューがあり、もちろんディナーメニューも豪華です。店内も木目調のアットホームないい感じです。ただ、カウンター越しに料理を出す時、お客さんとお客さんの肩越しに出されると、そこに座った者は料理を食べていていい気はしないですね。その場合はその座席の位置は空けておいた方がいいかも。駐車場はなかったと思います。

京都市下京区七条通烏丸東入ル真苧屋町210
(075)371−7321
11:00〜14:00(LO14:00)
17:00〜22:00(LO21:00)
日曜日(貸切の場合は営業)

(2009年11月)